弘法さん 東寺・京都市

弘法さんG
今や国内外に有名な京都市Wの観光スポット
元々神仏がこの世と「縁」を持つ縁日といわれ
参詣する人々に大きな功徳があるという弘法市 

1

 

2

 
東寺W『 教王護国寺(詳名は金光明四天王教王護国寺日秘密伝法院)』では祖師空海W入寂の3月21日を期して毎月21日に御影堂で行われる御影供のことを指している
当初は年に1回行われていたものが、1239年以降は毎月行われるようになった 
露天商の人たちは東寺の開門の午前五時を待つために境内の周りをぎっしり取り巻き、秩序正しく開門を待つ 

3

 

4

 
ひとたび開門されると、よっしゃ!とばかり今日一日の未知の期待とスリルとお客との楽しいコミュニケーションのための準備に突入する 
露天商は約1300に及び出品の中には日常では得がたいものも数多く出されるのでその道のプロの買い手は、懐中電灯などを手にし露天の準備が出来るかできないうちに、獲物の物色を始めている 

5

 

6

 
驚くべき段取りのよさでもってあれよあれよという間に店はその形を現し、主人公の店の人たちはスタンバイだ
 
すでにもう一方の主人公である参詣者(お客たち)はそれぞれの店でユ-モラスな駆け引きなどを始めていて目的のものを探す人たち、珍しいものを探す眼差しで境内は溢れてくる 

7

 

IMG1276

 
商品の多様さも弘法さんの特色だ。珍品の骨董品、一般の商店では得られない半端物で欲しい人にはのどから手が出るような物、たった1c屬慮点乎呂任気┐盖重な物は売れる 
ここは間違いなく国際的コミュニティの場になってきている。世界から多くの人たちがこの場に集まって来ているし、4月に行ったときは気候のよさも手伝ってか、訪れている人たちの中には和服で正装している人も多く出会った、街では見られないユニークな服装で闊歩していたり、多くの外国からの訪問者の中で和服で来ている人も多く見かけた、白人男性が大真面目にチョンマゲ結ってはかま姿で居るのを見るのはとても楽しい。つまり弘法さんは、色んな人々が思いのまま自己表現を楽しみ買い物を楽しみ会話を楽しみ、そして出会いを楽しむ新しいコミュニティ文化が生まれつつあるように感じる   

9

よろしければ写真集で写真紀行 弘法さん 京都・東寺 07/4/21,07/3/21Link をご覧下さい。
カメラはCanon PowerShot G7

? posted by 田中 田 at 01:31 am commentComment [0]

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)
<< 2007.4 >>
SMTWTFS
1 234 567
891011121314
15161718192021
22 232425 262728
2930     
 


Created in 0.0080 sec.