映画監督 井上 昭 86歳の自然態

このスナップ写真集は「冬の日」という映画のクランクインまもなくから始まり、松竹京都撮影所を中心に撮ったものです。
その映画は監督86歳の前半の作品で、後半では「遅いしあわせ」を完成させておられます。  両作とも2015年11月と12月に
放映されます。 http://www.jidaigeki.com/
  監督の体力と気力、感性と想像力、それらを支えているのは人間への愛情あふれる興味と関心ではないかと 思えます。 
86歳になって見えてくる人間観をもって、エンドレスな洞察力が次なる作品へと繋がり、これからも人の心の暖かみや滑稽さ、
そして情念をテーマにした作品を生み出されるものと思います。
監督は「人間の行為には、それを行わせる原因と必然がある。人間の多面性や因果関係が今の行為として現れる。」と述べて
おられます。 見えないものを見、感じ、監督独特の描写手法により、観る者は楽しさと悲哀を、そしてその奥行きを同時に感じ
させられます。
  作品にはよくお地蔵さんが出てきます。その表情の優しさを人間の優しさとして、映画は描かれているように思 います。
井上 昭監督の映画は、詩を味わう如くに、また音楽を味わう如くに観ることができる映画、私はそう感じております。
円熟期真っ只中の井上 昭監督が映画を作り続けられると云う事は、私にとっては人生の大スター的な存在です。 
( 写真集は2015.12.10 発行 )                                                                                                                田中 田

114232[5] 0201 114232[6]
114301 114232[7] 114335-1
114406 114410-1 114353
114425 114427 114422
114522 114515 114536

田中 田 Web写真集 人とのふれあい その2 をご覧ください   
                                      ☝クリックして下さい

コメントする

コメントするにはログインする必要があります。 ログイン »