今西家書院(重要文化財)において、〈 笙 - しょう- 田島和枝 〉〈 - 雲龍 〉〈 灯り- あだちまり 〉のコラボレーション
による演奏会が行われた。
真っ赤な紅葉が残る庭が徐々に夕闇の中に入る時刻であった。
笙と笛による《 天と地への捧げもの 》~INORI~と題された演奏がはじまった。
笙と笛の音色は天の祈りのように静かに私達の心に入ってくる・・・そして奏者を挟んで置かれた二つの〈ひかり〉は、
庭が夕闇に包まれる頃からしだいに会場全体を覆っていった。
その穏やかなひかりは演奏を聴いて いる人々の心根をも包み込んで、別世界へと誘っていく・・・。
会場の書院には〈 あだちまりの灯り 〉が所々に配置されていて、その一つ一つに心地良い旋律が流れるようだった。
そしてその〈 灯り 〉が放つひかりは、郷愁を感じさせ、心の故郷へと導いてくれた。
●演奏者の写真は、シャッター音が出るために遠慮いたしました。

100 106
109 115
116 IMG_0020
122 125
IMG_0066

〓〓〓 田中 田 Web写真集 No Title  をご覧ください 


野中久美子・棟居 暁 今西家書院にて も併せて
ご覧下さい。   (Click!)

slideshow-n

history~.
遠い昔、眠る時間になると、部屋のペンダントライトから垂れさがっているひもを"カチッ カチッ"と2回程ひっぱった。
いちばん明るい蛍光灯が段階的に暗くなり、最後には、ペンダントの中央より少し離れたところに位置する、ほんの
小さな電球がオレンジ色にもどる・・・。部屋は真っ暗だがそのぼんやりとした"あかり"がついさっきまで遊んでいた
部屋に静寂をもたらし、想像の世界へといざなう・・・。
私はその小さな電球を月にみたて、自分の部屋が、さながら宇宙のように思えてたまらなくうれしかった。
子供の事である・・・。こころの中で起こることになんのルールもない。
私は眠る前、必ずこのオレンジ色の電球をながめながら、今日起こったいろいろな事、また明日起こりえるかも
しれないわくわくする事、(あるいは、子供にとっては重要な)心配事など、あらゆる思いをはせながら、眠りに
ついたものである。
ちいさな"あかり"のもとで現実と想像の世界のあいだを浮遊しながら、ながながと見つめていると、時には、
その"ひかり"に体ごと吸い込まれていくような不思議な感覚さえした・・・。
私はそのペンダントライトのオレンジ色の電球が好きだった。たまらなく好きだった。理由はわからないが、理屈ぬき
にそうなのである。そしてわたしは大人になり、ふと"あかり"をつくりたくなった。それは、目まぐるしく過ぎていく
生活の中で私自身を見つめる時間や、やすらぎを求めていたのだろうか?
現在、自分でつくった"あかり"をベッドの傍らに、なにげに眺める"あかり"から受ける感覚は昔のそれに似ている。
遠く心の奥底に眠っていた子供の頃の記憶が"オレンジ色のひかり"とともに蘇ってきた・・・。
あたたかい"ひかり"に照らされたここちいい空間と時間の中で、時には本の中の物語を照らし、やはり今日
起こった出来事や明日起こる、または、ずっとこの先起こるのではないか?と思う事をとりとめもなく考えながら
"あかり"のもとで今日も私の一日は終わるのである・・・。〈 あだちまり 〉さんの手記より

コメントする

コメントするにはログインする必要があります。 ログイン »