§  帯 留   §

明治に入って生まれた帯留。幕末から昭和初期に女性の髪を飾った、櫛 かんざし等とともに、男性の刀装具や
印籠などに、卓越した技を残した職人たちが、禁刀令が出された明治以降は、その技を帯留や櫛かんざし作り
にも生かしたと言われています。素材には、金 銀 銅 珊瑚 象牙 水晶 鼈甲 瑪瑙 翡翠 陶器 木 他が
使われています。掌に包み込まれるような小さな世界に繰り広げられる洗練された美しい意匠と職人の技が
息づいています。    解説・村上清子

184247 184252[1]
184257[1] 184259
184301 184305[1]
184311 184313
184321[2] 〓〓〓 田中 田 Web写真集 No Title 村上コレク
ション・1
をご覧ください

slideshow-n

村上清子さんについて
村上コレクションの中から「帯留」と「刺繍半襟」の一部をご紹介します。  村上さんは、ご自身の優れた美的
センスの上に、古美術の研究者として初めは身近なところからコレクションが始まりました。 一つ一つの作品
について時代背景や作風など、このブログの中ではとても表しきれない程、興味深い知識やお話を沢山お持ちです。
ここに長年のコレクションの一部をご紹介させて頂くのですが、同好の方々との交流が広まり、さらに日本の
古美術や文化の再発見に繋がっていけば望外の喜びであります。
今後、順を追ってこのブログにも発表されますので、ご期待の上お楽しみください。 田中 田

4 件のコメント “帯 留 〔村上コレクション-1〕”
  1. yonyon のコメント:

    村上さまのコレクション展を拝見させていただいたのが
    昨日のことのように思い出されます。
    どの作品にも村上様の想いが感じられ
    ご説明をうけては、ひとつひとつに感銘いたしました。

    今とは違って、一刀彫でしたでしょうし
    作品ひとつひとつに、職人のひたむきさを感じ
    その時代に想いを馳せ、ステキな時間を過ごさせていただきました。

    また、こうして写真ではございますが、
    コレクションに出会えましたこと、嬉しく感じています。

    田中さま、村上様のますますのご清祥を願っております。

  2. 田中 田 のコメント:

    yonyonさん

    村上コレクションを見てくださってありがとう御座います。

    村上さんの宝物の一部です、写真を撮りながらあまりにも精緻に作られていて

    本当にびっくりと言うか深い感銘を覚えました。大きさ的には帯止めなどは小さなものですが、

    レンズを通してみると、とても大きな世界を見ることが出来ました。

    この小さな帯止めの中にこれだけの世界を表現している「わざ」に表現のしようがないほどの感動でした。

    田中 田

  3. 村上 清子 のコメント:

    yonyonさま

    コメント有難う御座います。

    一つの帯留から蒐め始めた20数年前の記憶が浮かんできます。
    嵌り込んで蒐めていた時が一番楽しかったです。気がついたら
    「ひとかたまり」になっていました。
    今は残照のように感じています。

    新たに光をあてて下さった 田中 田さんに感謝致しております。

  4. 村上 清子 のコメント:

    田中 田さま

    写真を通して細部に新たな発見があり、先人の技に感じ入っております。
    実物はルーペを使ってよくよく見ているつもりでしたが見えていない部分が
    ありました。ピントの鋭く合った写真は見えない所を見せてくれました。
    感謝致しております。

コメントする

コメントするにはログインする必要があります。 ログイン »