Mitsu Salmon & Ryotaro の本番のパフォーマンスを
ご覧下さい。
この日は5組のパフォーマーが渾身の表現を繰り広げた。 4組は音楽のジャンルで、mitsuryotaroは身体と歌とアコーディオンでアートを表現した。
いずれも過去の芸術からの脱皮、新たな普遍を求めて努力し楽しんでいるように感じられた。
演じる人、観客の半数はアメリカやヨーロッパからの人たちだ。  とにかく楽しい・・・
222834
222835 222836
222837 222920
222936 222942
222945 〓〓〓 よろしかったら田中 田 Web写真集 人とのふれあい 11/2/11 をご覧ください

slideshow-n

2 件のコメント “パフォーマンスアート・Ⅱ 〔京都市 木屋町 UrBANGUILD〕”
  1. のこり のコメント:

    こんにちは!

    何と言ったらいいのか、凄い時間空間・・・

    私には忘れていたエネルギーを感じました。。。

    写真に撮られたことが凄いし、メンバーの動き。
    アコーディオンの動きが早すぎて写らなくても、ダンサーが止まってる。
    一体どうゆうステージだったにか?

    もし、機会がありましたら私も呼んでください。
    denさん、凄い!

  2. 田中 田 のコメント:

    のこり さん

    お久しぶりです!いつも見ていただいてありがとう御座います。

    僕は、本来人間の生き様を撮りたいという願望を持っております。いつかテーマを決めて撮ってまいりたいと思います。

    この写真は、実はかなり暗いステージでの撮影でした。 思い切ってカメラを通して絵を描く感覚で撮っております。

    撮影は与えられた条件の中でフラッシュを使わないで撮りますから、逆におもしろく撮れる場合もあります。

    そして彼らの表現への情熱とパワーに撮る方もノリノリで楽しい時間でした。

    ありがとう御座いました。

    田中田

コメントする

コメントするにはログインする必要があります。 ログイン »