京都市東山区の東福寺の傍に天得院がある。紅葉のライトアップがされているというので行ってみた。
こじんまりしたお庭が美しく浮かんでいる。
パンフレットによれば、南北朝時代の正平年間(1346~1370)東福寺第三十世住持・無夢一清禅師によって
開創され、東福寺五塔頭の一つとして隆盛した。その後一時衰退するが大機慧雄禅師によって再興、慶長
十九年(1614)東福寺第二二七世・文英清韓長老が住持となった。清韓は秀吉秀頼の五山の学僧として
寵遇され、秀頼の依頼により方広寺の鐘銘を撰文したが、銘文中「国家安康、君臣豊楽」の文が徳川家を
呪うものとして家康の怒りを招き、天得院は取り毀された。現在の堂宇は天明九年(1789)に山内の塔頭
本成寺と合併して今に至っている。

212818 212820
  
212821
212823 212825 212829
212828

「桔梗の寺」「花の寺」として知られる 天得院。
桃山時代の作庭と言われる枯山水庭園は、瑞々しい緑の杉苔に四季の花々が咲き参拝者を迎えてくれるそうだ。

2128301

 

2 件のコメント “萬松山 天得院 〔京都市〕”
  1. 村上 清子 のコメント:

    行く秋を満喫させて頂いております。光の捉え方は田さん腕なのでしょうね。。
    白壁の塀に映し出された”庭園の影”趣深いものが伝わって参ります。
    苔むす庭 植栽 石 そして黄色の”つわぶきの花”一味違った秋を感じさせて頂いております。
    ライトの位置がとても低いように思いました。ライトの設定は庭師さんのお仕事なのでしょうか。
    光を降ろしていくのは楽しいでしょうね。

    私はずっと昔”桔梗”の頃に訪れたのを思い出しております。若かったなあーと感慨無量で御座います。

  2. 田中田 のコメント:

    村上 清子 様

    今年の秋はどんな秋になるのかな?なんて思っておりましたが、ようやく初冬になって紅葉がはじまりやっぱり秋はやってきました。

    ここの主ライトはとても低い位置にあります、その効果は独特のお庭の感じをかもし出しております。

    村上さんさすがにお気づきになられるのですね!感服いたしました。

    桔梗のときも素晴らしいようです、僕は東福寺も好きなところですが周りにはこの様な寺が幾つかあるようで

    又訪れてみたいなと思っております。

    いつも見てくださりありがとう御座います。

    田中田

コメントする

コメントするにはログインする必要があります。 ログイン »