中秋の名月の翌日の満月の夜、恒例の「観月の夕べ」が
ここ「 関西文化学術研究都市 」に設けられたけいはんな記念公園の水景園で催された。
わが国の学術研究都市は筑波とここの二箇所である。筑波との違いは《文化》が入っている事だ。
その象徴的な催しが、観月の夕べとして毎年この時期に行われる。
今年は、三つのグループによる和文化の競演で満月の下、正に幽玄の世界に浸る・・・

一部は「天理和太鼓猛鼓会
和太鼓によるド迫力の演奏。
和太鼓文化を通して「優しさとぬくもりのある社会」を願う「なかまの輪」を広げる事を目指し取り組むグループ。

二部は「能楽囃子」
四つの楽器が奏でる気迫の演奏、一気に幽玄の世界へ引き込む。

三部に「三叉楽」
日本の篠笛、和太鼓、アイルランドの弦楽器
ブズーキの合奏。日本民謡、わらべうた、アイルランドの曲やオリジナル曲を独特の優雅な音色で奏でた。

001048
001049 001050
001051 001052
001053 001054
001055 〓〓〓 よろしかったら田中 田 Web写真集 No Title  観月の夕べ ‘10 水景園-12 10/9/23をご覧ください

slideshow-n 

 
      ・観月の夕べ《 一打一管 》 と共にご覧下さい

2 件のコメント “観月の夕べ ‘10 水景園 〔京都府 精華町〕”
  1. のこり のコメント:

    おはようございます。

    またまた幻想的なお写真、素晴らしいですね!

    満月の空のもと。
    私自身がその場にいるような錯覚さえ覚えます。
    音が聞こえないのが残念(笑)。

    ありがとうございます♪

  2. 田中 田 のコメント:

    のこり さん

    見ていただいてありがとう御座います。
    水景園はこの写真にあるような文化的な催しを熱心にされておられます。
    今回の実行委員長のお話をうかがうと、補助金は今年限りで来年からは独自財源の捻出が必要だそうです。
    委員長は皆さんに募金のお願いをなさっておられます、関西文化学術研究都市は京都府・大阪府・奈良県
    にまたがる広大な研究都市です、やはりその地理的なこともあって《文化》と言う要素が入っていると聞きます。
    この催しは多くの人々に愛されております、のこりさんがここを訪れられる事があります時には
    金額の多寡ではなくて募金箱に入れていただければとても喜ばれるものと存じます。
    僕からもよろしくお願いいたします。

    せっかくコメントを頂いたのに、募金のお願いになってしまい恐縮です。
    懲りずに又お越しくださいますようにお願い致します。
    田中田

コメントする

コメントするにはログインする必要があります。 ログイン »