桜が咲く頃にはよく行く地蔵院だが、咲ききっていない時に行ったのは初めてであった。
幹周り2.4mの大きな木は痛ましいほどの老木である。
しかし、一旦花をつけるとその姿は目を見張るものが
ある。 若々しく勢いがあって逞しさをも感じる。
そして、その美しく妖艶な姿にはいつもながら感動を覚える。
見晴らしの良い場所にあって、太陽の位置により大きくへんげするゆえに大勢の写真家・ハイアマチュア諸兄
( ものすごく立派な三脚群と装置からそう思う )が
ずらっと並んでシャッターチャンスを待っている。

220729
220721 220723
220731 220737
220735 〓〓〓 よろしかったら田中 田 Web写真集 自然とのふれあい その2  8分咲きの地蔵院-5 10/3/28
をご覧ください

地蔵院の桜-1 (2005/3/23)
地蔵院の桜-2 (2007/4/4)
地蔵院の桜-3 (2008/3/30)
地蔵院の桜-4 (2008/3/31)

slideshow-n

2 件のコメント “地蔵院の桜 〔京都府 井手町〕”
  1. yamanaka のコメント:

    このしだれ桜はすごい迫力と存在感ありますね。

  2. 田中 田 のコメント:

    yamanakaさん

    暫くです。
    この桜は、京都祇園の円山公園の桜と姉妹と聞いています。
    92年に樹勢回復手術が行われていますが、花が散ってしまうと、花が咲いていても良く見ると痛ましいほどの
    老木です。。。
    しかし、それなりの渋い色気を感じますよ。

    ぜひ一度行ってみてください。地蔵院の近くの玉川も間もなく満開のようです。

    田中田

コメントする

コメントするにはログインする必要があります。 ログイン »